ホーム » 沿革

沿革

沿革株式会社アスピアは昭和36年3月に株式会社松本岡谷組として誕生しました。
地域社会に根差した確実かつ誠実な経営を基本とし、確かな成長を遂げてまいりました。
事業活動としては「建築」を主体とし、「土木」、個人住宅「三井ホーム」「アスピアの家」、「エステート」の5つの事業を大きな柱としています。
そして、2001年4月に社名を株式会社アスピアとし、「ひとに優しい未来をつくる」を企業メッセージに掲げ、街の人と自然が調和し、そこに暮らす人が輝き、夢に満ちあふれた未来をつくるべく、新たにスタートしました。

アスピアの歴史

昭和36年3月 長野県松本市城山に株式会社松本岡谷組として創立
代表取締役社長に 百瀬茂夫 就任
昭和39年3月 豊科営業所(現安曇野支店)を開設
昭和42年5月 本社屋を現在の長野県松本市宮渕1-3-30に新築移転
昭和58年 長野営業所(現長野支店)開設
昭和59年4月 三井ホーム株式会社と販売特約店契約を結び三井ホーム
株式会社西東京支店松本営業所を開設
昭和61年 本社社屋増築
昭和61年4月 三井ホーム株式会社と共同出資にて長野中央ホーム株式会社を設立
昭和61年9月 東京支店を開設
昭和62年 代表取締役社長に 百瀬方康 就任
平成元年4月 リフォームパートナーとして三井デザインテック松本マイホームサービス株式会社 (現 甲信アルプスホーム株式会社に合併)を設立
平成2年 社員寮完成
平成10年12月 ISO9001認証取得
平成12年3月 ISO14001認証取得
平成13年4月 株式会社松本岡谷組から株式会社アスピアに社名変更
平成14年 OHSAS18001システム導入
平成16年11月 介護福祉事業会社として株式会社ケア柏葉を設立
平成23年3月 創立50周年
平成28年4月 不動産部門事務所を、松本市宮渕1-4-30 グランデアルディア宮渕1Fに移転