ホーム » 50th-協賛事業, 50th-社会貢献事業, お知らせ » 第4回松本市美術館70歳以上公募美術展                 『老いるほど若くなる』授賞式

第4回松本市美術館70歳以上公募美術展                 『老いるほど若くなる』授賞式

開会セレモニー及び授賞式

50周年記念事業として協賛している第4回松本市美術館70歳以上公募美術展『老いるほど若くなる』の開会セレモニー、及び各賞受賞式が3月5日に開催されました。

今回の公募展には、全国から450作品が公募され、入賞・入選された110作品が展示されています。種別も、油彩、水彩、日本画、アクリル、パステル、コラージュなど多彩で、エネルギッシュで繊細な作品が展示されています。

アスピア賞

受賞者:松山 晋作さま<74歳>( 東京都 )
作品名:払暁
種  別:日本画
講  評:能登輪島の早朝。電柱の光に照らされた自転車を漕ぐ人、遠吠えの犬が印象的。
     風景画は単なる景色ではなく、人の心の在りようだと伝わる。( OH )

松山さま、このたびの受賞、誠におめでとうございます。
これからも益々ご活躍されて、すばらしい日本画を描き続けて下さい。

みなさん、お誘いあわせのうえ、是非ご覧ください!

会場:松本市美術館:2F 企画展示室
会期:平成23年3月5日( 土 )~ 4月3日( 日 )
開館時間:午前9時~午後5時( 入場は午後4時30分まで )

休館日:3月7日( 月 )、14日( 月 )、28日( 月 )
観覧料:大人600円( 500円 )
大学高校生・70歳以上の松本市民300円( 200円 )

フォトアルバム

オープニングセレモニーが盛大に開催されました。
全国から受賞者はじめご家族のみなさんも来松されました。遠くは沖縄からもお越しいただきました。

松山さまに賞状と記念品を授与。この公募展は2年毎に開催されているとのことです。
次回の出展もお待ちしております。

ご夫人もレセプションに参加されていました。長野県には御親戚もいらっしゃるとのお話を伺いました。
弊社代表取締役社長の百瀬と3人で記念撮影。