ホーム » 採用情報

採用情報

アスピア採用情報ページへようこそ!
採用担当の忠地と下坂です。
私たちと一緒に長野県の街づくりをしませんか?
皆様のご応募をお待ちしております。

アスピアが求める人材は、“建築が大好きな人”です。
当社は50名以上の施工管理職=現場代理人を擁し、
ここ長野県松本で57年間、鉄骨の建築物から、道路、橋梁、木造の住宅まで、
ありとあらゆる建物を創り続けております。

根本にあるのは、自分が一から創り上げた建物が地域のだれかの生活の一部になる、
その誇りです。

建築が大好きだ!!
長野県の街づくりに目に見える形で直接貢献したい!!

その思いを共有できる方をアスピアは求めています。

…を創るという誇り。
アスピアはここ長野県で一緒に街づくりをする

…を求めています。

施工管理職は、一人で一つの建物を担当します

大手ゼネコンでは現場の規模も大きいため、複数の施工管理人で1つの建物を担当することが一般的ですが、アスピアは地域の中小規模の建物を扱うため、基本的に一人で一つの現場の施工を担当します。
一人で担当するということはもちろん大変ですが、決められた予算、工期の中で、自分だけで自由に仕事のスケジュール、段取りを組めるというメリットもあります。
高品質を維持しつつ、所定の予算の中でより安価に、短工期で施工する。一人で億単位のお金を扱う責任も大きいですが、その分やりがいも大きい職業です。
※施工管理職の新入社員には、まず先輩社員がつき、数年間は先輩の現場で仕事を学んでいただきます。

土地を探すところから設計、施工、そしてアフターメンテナンスまで!

アスピアには建築・土木・住宅の施工だけでなく、1級建築士事務所と不動産の部門がございます。
建築に関わるすべての工程をアスピアで行います。

このように部署を横断して連携をとることで、幅広いお客様のニーズにお応えすることができます。

建築だけにとどまらず、土木や住宅、不動産など建設業界のさまざまな仕事に携わりたい!
という方に向いている企業です。

3年連続で女性の施工管理職が入社しています!

建設業に携わる女性技術者を「ドボジョ」と最近呼ぶそうです。
アスピアでも女性技術者の増加により、女性が現場で働きやすいよう環境を整備し、女性用ヘルメットを導入するなど積極的に取り組んでいます。
現場で利用する女性用仮設トイレの導入を検討するなど、まだまだこれから改善をしてまいります。

有給休暇を最小30分から取得できます!

一般的には半日単位で取得する有給休暇ですが、アスピアでは最短30分から取得が可能です!
少し外出したい折など、半日消化せずに必要な時間のみ、効率的に有給休暇を取得し、残すことができます。社員の生活に合わせて活用方法は様々です。

活用例
  • お昼休み60分に30分有給休暇を追加してお昼休みを延長し、保育園に子供のお迎えに行く。
  • 通院のため、病院が始まる10時~11時半までだけ1時間30分有給を取得する。など

アスピアは社員のワークライフバランスに寄り添い、両立を支援しております。
※有給休暇は、入社時に付与されますので、試用期間中でも取得可能です。

資格取得の費用をサポートします!

アスピアでは、社員のスキルアップ支援として、業務に関係する資格試験、セミナー、講習受講等にかかる費用を会社から支給しております。

資格例
建築士、施工管理技士、インテリアプランナー、宅地建物取引士etc…他64資格
費用例
受験費、講習受講費、受験会場までの交通費や宿泊費、教材費、登録手数料etc…

建設業の資格は、外部の長期講習を受講して学ばれる方も多く、その場合、受講費だけでも社員にとって大きな負担になってしまいます。
上限はありますが、ほぼ全額を会社から支給することで、費用的な負担を抱えることなく、社員が学習と業務により集中できるよう、フォロー体制を整えております。

資格保有実績
1級建築士20名、2級建築士24名、1級建築施工管理技士37名、
1級土木施工管理技士9名、宅地建物取引士17名 他多数(2018年1月現在)

社員の健康第一!

アスピアでは、社員の健康を第一に考え、毎年の健康診断、人間ドック、インフルエンザの予防接種を全社員に実施し、その費用を全額会社で負担しております。
また健康診断と予防接種は、医師を会社にお呼びし、本社社屋内にて一斉に実施しております。
病院で受診するとなると、半日はかかるところを、会社で行うことで数分ですみます。
社員の負担をなるべく軽減し、健康管理を徹底しております。

※平成29年度実績

平成29年度松本市優良建設工事賞 受賞(2件)

  • 「松本市営住宅寿団地B-2棟新築主体工事」
  • 「松本市立清水小学校大規模改造第一次整備事業第二期主体工事」

平成29年度松本市都市景観賞 受賞

優良副安全運転管理者表彰(1名)
優良業務運転者表彰(2名)

建設統計調査に対し、国土交通省様より感謝状

エコオフィスまつもと事業所

松本市が推進する、環境に配慮した事業運営を行っている企業として、2016年に市の認定を受けました。
建設業にとって環境問題はとても身近な大きな課題であり、当社では毎週の社外清掃活動から、ゼロエネルギー住宅の推進や、文化財の保存活動など、建設業だからこそできるエコ活動に取り組むことで、環境問題と向き合っております。

職場いきいきアドバンスカンパニー

「社員がいきいき働けるよう積極的に社内改善に取り組んでいる一歩進んだ企業」として、長野県の認定を受けました。
主に評価されたのは、ノー残業デーやアニバーサリー休日を実施していること、また育児による短時間勤務に柔軟に取り組んでいることなどです。
建設業はいまだに厳しい労働環境のイメージが根強く残っています。アスピアは社員がより働きやすい環境をつくるべく、時代のニーズに合わせて改善を行っております。

当社では定期的な社内研修のほか、
業務の知識をより深めるため、
各社員積極的に外部セミナーや講習に参加しています。

20~30代若手社員研修

30代以下の若手社員を対象に、若手社員育成プロジェクトを毎月実施しております。
昨年は、当社で以前施工した旅館を見学したり、毎月さまざまな業種の社外ゲストをお招きし交流するなど、日頃の業務だけでは得られない経験と知識を深めました。
今年は、さらに20代と30代でグループを分け、会社の様々な「お困りごと」を解決するべくミーティングを重ねています。

定期的に実施している社内研修

  • 各部業務に関する部内研修・勉強会
  • コンプライアンス研修、ハラスメント防止研修
  • 健康管理に関する講習会(講師:産業医)
  • 防災訓練(AED講習・避難訓練・消火訓練等)

その他 随時外部セミナーにも参加しております

2017年外部セミナー受講数:53セミナー

人数
108名(2018年1月現在)
給与
当社社内規定による。
※残業手当として、定額の職務手当が含まれます。
諸手当
営業手当、通勤手当、資格取得手当、家族手当、役職手当
昇給
年1回(6月)
賞与
年2回(8月、12月)
休日休暇
年間休日 105日(2018年)
・第2、4、5土曜日、日曜日、祝日
・夏期休暇(お盆含め8日)、年末年始休暇、アニバーサリー(誕生日)休日(1日)
 年次有給休暇 10日~ (最小30分単位から取得可能)
※入社日に付与されるため、試用期間中から取得可能
 その他慶弔休暇、産児育児休暇、etc.
社員表彰
年1回(6月)
永年勤続賞、利益貢献賞、安全運転管理者賞、資格取得賞、イメージアップ賞他多数
社宅・アパート
有り(本社隣接) 遠方出身の社員も含めて現在10名程度入居中。
勤務地
松本市本社 ※施工管理職は県内の各現場事務所
転勤はありません。
勤務時間
8:00~17:00 (7時間30分)
休憩時間
10:00~10:15(15分)
12:00~13:00(60分)
15:00~15:15(15分) 計90分
確定拠出年金制度
親睦会
新入社員歓迎会、忘年会、隔年で社員旅行、他イベント
育児・介護支援充実
育児介護休暇や、産前産後休暇、育児介護中の短時間勤務等、都度社員と相談し、柔軟に対応しております。

毎週月曜日は周辺のゴミ拾い!

平成13年より毎週月曜日に社員で本社社屋周辺のゴミ拾いを行っております。
今年で16年目となり、ゴミ拾いをしていると近隣住民の皆様よりお声掛けをいただくことも増えました♪

毎年春と秋に山形村の森林整備をしています!

各部署より社員が出席し、30名ほどで山に入り、景観保護のため、森林の整備を行います。
今年で9年目です。

残さず食べよう3010運動事業所です!

松本市が提唱しております食品ロス削減事業の一環で、アスピアは食べ残し削減を推進する事業所として2016年に市の認定を受けました。
毎年の懇親会等では、最初の30分と最後の10分はそれぞれの席に着き、完食するよう心掛けています。

地域の皆様に現場見学会を行っております

2015年には地元の小学生をお迎えし、河川工事現場の見学会を開催しました。
県内を流れる河川の特徴や引き起こした水害などの歴史を説明し、また実際にショベルカーのコックピットに乗って操作体験をしていただきました。

各募集要項はこちら

採用についての応募・お問い合わせ先

ご不明な点等ございましたらお気軽にお問合せください♪

お問い合わせフォームはこちら

人事採用担当:忠地・下坂
TEL: 0263-32-8855
FAX: 0263-35-1618
E-mail: jinji@asupia.co.jp