ホーム » 代表取締役挨拶

代表取締役挨拶

アスピアとは?
アスピアの原点

昭和36年3月3日「株式会社 松本岡谷組」として創業を開始した弊社は、地域のお客さまに支えられ、今年創業50周年を迎えるに至りました。平成13年には、社名を現在の「株式会社 アスピア」として、社員一丸となり新たなスタートを切りました。
半世紀にわたり、地域の皆さまに支えられ、今日を迎えらましたことに、社員一同、こころより感謝御礼を申し上げます。
さて、現在は大きな時代の転換期ではありますが、創業から変わらずに一貫して引き継いできたのが「お客さま第一主義」のマインドです。
どんなに時代が変わろうとも、どんな新しい技術革新が起ころうとも、この「お客さま第一主義」がアスピアの原点です。
社員一同、揺るぎない弊社の原点として、「お客さま第一主義」を今後も徹底して参ります。

アスピアの独自性

弊社の独自性とは「誠実さ」にほかなりません。
それは、あらゆる面でお客さまの信頼に応え、お客さまに充実感や満足感という付加価値を提供しようとする企業の誠意をさします。
同時に、地域社会と積極的に関わりながら、地域社会の一員として仕事に励み、日々の暮らしを充実していこうとする、社員ひとりひとりの誠意でもあります。「ひとに優しい未来」を創る企業として、この「誠実さ」を将来にわたり育んでいきたいと考えております。

アスピアの誇り

建設産業は、地域社会になくてはならない仕事のひとつだと考えています。わたしたち生活者は、一生涯を通じて、家、病院、学校、道路、橋、店舗、上下水道等々、建築物やインフラ整備を享受して生活しています。
社員一同、地域のみなさまの暮らしに密接に係り合う仕事をさせていただいていることに、日々誇りを感じて働いています。
将来を担う子供たちの時代まで、長い期間にわたり活用していただける、高品質で安全性の優れた確かな建築物をご提供し続けて参ります。