ホーム » CSR活動について

CSR活動について

アスピアのCSRイメージ図■アスピアのCSRイメージ図
アスピアのCSRは「お客さま」「社員」「地域社会」の3つのステークホルダーの満足度を高めるための取り組みといえます。
企業理念を中心とした5つのカテゴリに積極的に取り組み、活力ある地域社会の創造に寄与したいと考えています。

アスピアは、「私たちは、快適環境を創造し、心の豊かさを提供する企業を目指します」という企業理念に基づいて、CSR(企業の社会的責任)活動を進めます。
経営姿勢、社員の行動基準に貫かれた誠実で公正公平な企業として地域社会から信頼されるとともに、社会性や公共性の高い企業活動を通じて、地域のみなさまをはじめ地域社会に貢献していくことで、CSR を実践していきます。


アスピアはCSR の実践で何を目指しているのか

アスピアのCSRイメージ図アスピアは”ものづくり”の会社です。わたしたちがつくる建築物の成果は、長い期間にわたり、地域社会や人々の暮らしぶりを直接下支えしていることが特徴です。ですからその前提として地域社会やみなさまから厚い信頼をいただかなければなりません。

わたしたちは、みなさまからの信頼をもとに、地域社会の持続的な発展とみなさまの豊かな暮らしのお手伝いを通じて、今後もともに歩む地域社会に貢献し、ひいては弊社の安定的な発展と共存させていくことがアスピアのCSRの実践で目指すものです。

アスピアのCSR の理念

アスピアのCSRイメージ図建設産業の仕事は、社会的意義や公共性が高く、プロセスから結果に至るまで常に目に見えるカタチで表れるとともに、弊社がお手伝いしたその成果物は、時代を超えて次の世代、またその先の時代まで責任を担うものと認識しています。
そのため、何よりもまず高い企業倫理と強い使命感に貫かれた誠実な企業であり続けるために、確かな品質の建物・インフラ整備・弊社サービスを提供し続け、地域社会への貢献と、お客さまの快適環境の創造に寄与いたします。
この理念・考え方がアスピアのCSRの原点です。