ホーム » お知らせ, 地域貢献活動 » 「シェイクアウト訓練」を実施しました。

「シェイクアウト訓練」を実施しました。

3.11

東日本大震災。
あれから4年の月日が経ちました。

犠牲者は1万8000人を超え、いまだ避難生活を送っている方は20万人を超えます。
一日でも早い復興を願うばかりです。


松本市では、日頃の防災意識を高めるため「シェイクアウト訓練」を実施いたしました。
災害時に自分の身を守る行動を改めて確認し、
防災に目を向けるきっかけにしようという取り組みです。

〖シェイクアウト訓練〗
①その場でしゃがみ、姿勢を低くする
②机の下などに潜り、頭を守る。
③揺れが収まるまで動かない。







いざ、自分たちで行動をとってみると分かることもたくさんあります。
みなさんも「いざ」というときのことを想定しておこなってみると、
気づく点、問題点に気づけるかもしれません。


アスピアスタッフブログでも取り上げております。 ⇒ こちらへ