ホーム » お知らせ, 地域貢献活動 » 第5回「老いるほど若くなる」展

第5回「老いるほど若くなる」展

70歳以上の公募による美術展

第5回「老いるほど若くなる」展


この美術展は平成15年度にはじまった全国公募展で「健康寿命延伸都市」を目指す松本市独自の企画として定着してきました。弊社はスポンサーとしてご協力しています。43都道府県から96歳の方まで、過去最高の473名の愛好家の皆様から応募があったとのことです。

アスピア賞「風化の象(軍艦島)」の岡田猛彦様は福岡県からのご参加です。関連会社である三井ホームハウジングパートナー長野中央ホーム賞「寒天工場の風景」の望月太門様は安曇野市穂高の方でした。

各賞の表彰式典は3月16日に開催されましたが、4月7日まで松本市美術館で展示しています。
力作の数々をご家族・ご友人と鑑賞していただけますと幸甚です。
(表彰式の模様)
(記念撮影)