ホーム » 50th-カンパニー事業, 50th-地域貢献事業, 50th-社会貢献事業, お知らせ, 地域貢献活動 » 地域の清掃活動を実施しました by 土木CP

地域の清掃活動を実施しました by 土木CP

日時:5月16日(月)8:30~12:00
場所:松本城はじめ北松本駅周辺、松本城北西部の主要道路などなど



危険予知防止活動(KY活動)で、当日の仕事の内容や手順などを確認し、それに対してどのような危険が潜んでいるかを予測して、その対策を確認しているところです。

当然、毎日の業務でも実施しています。

50th 地域の皆さまに感謝を込めて


弊社は創業50周年の節目の年を迎えていますが、日頃の地域の皆さまへの感謝を込めて、土木技術部社員による地域清掃活動を実施いたしました。本社は松本城北西に所在しているため、おもに宮渕、城西、蟻ヶ崎、開智の主要道路のゴミ拾いを実施したのですが、約3時間で大きなゴミ袋が多数満杯となりました。

北松本駅 お城口

通勤する高校生、専門学校生、ビジネスマンで早朝と夕方は賑わっています。それでも1日平均乗車人員は、2009年で434人とのことで、少し淋しいですね。是非、利用してはいかがでしょうか。




2000年の駅舎改築と同時に、交差する道路がアンダーパス化されました。国道19号線と松本城方面の市街地を結ぶ大変交通量の多い道路です。




松本城

観光客の皆さまに綺麗な松本城の思い出を演出したいですね。そのための小さなお手伝いに繋がれば幸いです。

全国の皆さん、お待ちしていますよ。




空き缶、煙草の吸殻、ビニール袋・・・満杯のゴミ袋が大量に集まりました。

あまり嬉しくない成果となってしまいましたが、引き続きクリーンな観光地、地域社会のためにお役に立ち続けたいと考えております。



ゴミ拾いの目的は?

もちろん、その場所をきれいに保ち、気持ちよく使える状態にすることが目的ですね。
ほかにも以下の効果が期待できるといわれています。(Wikipediaより)

・動植物や河川などの自然をごみの汚染から守るため
・リサイクル可能な資源を回収するため
・ポイ捨てをする人たちに拾う姿を見てもらい、ポイ捨てをやめてもらうため
・ポイ捨てに対する怒りの発散行為
・イベント化することでポイ捨てごみに関心のある人々の交流の場とするため
・その土地に対する感謝の気持ちを形にするため
・ごみのない環境を保つことでごみを捨てにくい状況を創出するため(割れ窓理論)
・参加者のポイ捨てに対する社会規範を強化するため

連絡先
土木CP
TEL:0263-32-8805
FAX:0263-33-0585